48歳既婚男性会社役員の愛人募集体験

愛人が欲しいという願望はもう数年前からあります。
正直なところ、うちの会社の役員の中には、総務部の女の子を愛人にしている人間もいますが、
自分にはそんな甲斐性もなければ、勇気もなく、
そして若い女の子に相手にもされていないことは
自分でも重々承知しております。

僕は会社で役員をやっており、
金銭的にもそれなりに余裕はあるのですが、
見た目はただの冴えないおじさんでしょうし、
若い頃にも特に女性にモテていたことはありません。

今年の3月に、1人息子が18歳になり、高校を卒業しました。
家を出て、1人暮らしをして、都会の大学に行くことになりました。

僕は子供が独り立ちをしたことを機に、
これからは自分のやりたいことをやろうと思うようになり、
愛人募集しようと思い立ちました。

しかし愛人などどこで見つけたらいいのでしょうか。

僕はインターネットのいわゆる出会い系サイトで
愛人募集をすることにしました。

月30万円で愛人契約をしてくれる人を募集すると、
想像以上にたくさんの女性が返信をしてくださいました。

愛人になりたいと思っている女性たちが
こんなにもたくさんいるものなのかと
驚いたものです。

インターネットだけではどの女性が魅力的なのかは判断できないので、
全員と直接会うことにしました。
面接をするような感覚で
返信をくれた9人の女性全員と
一回ずつ食事に行きました。

彼女らと食事をしていて、僕は1人の女性に惹かれました。
その女性は26歳の大学院生で、
淑やかそうで控えめなところに惹かれました。
もちろん、愛人になりたいと言うくらいですから、
本当は淑やかでも控えめでもないのでしょう。
彼女はどんな夜の営みをするのか見てみたいと強く思いました。

僕は彼女と愛人契約をしました。
正式に契約をもちかけると、
彼女は微笑んで頷いてくれました。

40歳既婚男性会社経営者の愛人募集体験

「なあ、ちょっと相談があるんだが、いいかい?」 経営者仲間に声をかけられた。
会社の経営のことかな?と思い、 「もちろん。
今夜飲みながらはどうだい」 と答えると、彼は 「おーけぃ。
じゃ待ってる」 と言って、続きは夜飲みながらということになった。
改めて、 「相談てなんだい?」 と尋ねると、彼はなんだか口をモゴモゴさせていた。
「いや、あのさ、愛人募集ってどうすればいい?」 と唐突に聞いてきた。
「いや、お前愛人いるじゃんか。
どうやって愛人募集したんだ?」 確かに僕には愛人がいる。
別に特別愛人募集をしたわけではないのだが、成り行き上というか、なんとなく愛人関係になっていた。
「僕に聞かれてもそれわかんないな。
そういう話なら彼女を呼ぶよ。
いいかい?」 僕は例の愛人を呼び出した。
そういうことは女性の口から聞いた方が良いだろう。
彼女は1時間後に合流し、彼の話を一生懸命聞いていた。
「あたしがどうして愛人になったかって?そりゃ、この人がいいなって思ったからに決まってるじゃない。
でもさ、すでに既婚だしさ。
それでも大切にするって言ってくれたから、それならば愛人でもいいかなって思ったの。
べつに愛人募集があって応募して合格!みたいなものじゃないわよ」 彼女の言うことはもっともだ。
そんなアイドルオーディションみたいなことを大々的に行っていたら、即嫁にバレてアウトだろう。
愛人なんて、静かにバレないように作ることに醍醐味があるんじゃないか。
まあ、愛人がいる仲間が増えることは悪くはないけどね。